介護保険の基礎-3

【ステップ-1】訪問調査

利用者のところに調査員訪問し、心身状況のチェックをします。 ・調査員訪問調査原則市区町村職員うことになっています。 ・調査方法所定調査票をもとに、調査員質問形式でチェックしていきます。質問本人家族等してわれます。 ・調査内容の4つに大別されます。

【ステップ-2】一次判定

一次判定は、コンピュタによる判定。ステップ1の訪問調査の「基本調査」と「特別医療」の回答をコンピュタで分析し、判定します。ここでは、厚生労働相作成した全国共通要介護認定ソフトが使われています。

介護認定注意点

要介護認定は、介護ビスの必要度(どれくらい介護のサビスを必要があるか)を判断するものであって、利用者病気さと要介護度さとがずしも一致しない場合があります。

えば、たきりのAさんと、徘徊がはげしいBさんがいたとします。

はたにはAさんの症状くても、実際手間くかかるのはBさんのAさんの認知症症状わった場合も、病状としては進行していますが、徘徊等周辺症状発生しないため、介護総量としてはきくえないことがえられます。そのためBさんのが、要介護支援認定判定されることがありうるということなのです。

 

介護現場とかけれた判定ではなく、客観的公平判定必要があるために、コンピュタによる一次判定っているのです。

【ステップ-3】二次判定

コンピュタによる一次判定結果に、さらに下記内容えて保健医療福祉学識経験者検討するのが二次判定各市区町村設置している「介護認定審査会」という機関がこれをいます。介護認定審査会は、保健・医療・福祉学識経験者ほどで構成されています。

【ステップ-4】認定

ここでようやく利用者結果通知されます。認定結果は、要介護15要支援12非該当自立)のいずれかに。要介護度明記された結果通知書と、被保険者証利用者されるのです。

認定結果は、原則として申請日から30日以内利用者通知する、というまりになっています。(認定通知れる場合には、利用者あてに見込期間れる理由通知されます)

 

認定結果不服がある場合は?

結果として「自立」と判定され、介護保険ビスをけられないや、希望よりも要介護評価されたてくるかもしれません。では、「介護必要だから申請したのに…」とってしまう場合はどうしたらいのでしょうか。

 

認定結果納得できないは、不服申てをすることができます。都道府県設置の「介護保険審査会」に結果通知った翌日から60日以内てをってください。

介護保険で受けられるサービス一覧

介護保険けられるサビスとは?

介護保険けられるサビスは、きくけると以下の3つです

居宅ビス利用者自宅ながら、サビスをけることを希望した場合居宅ビスが提供されます。

支援ビス利用者適切なサビスを利用できるように、利用者依頼けて、ケアマネジャ保健師などがケアプラン(居宅ビス計画)をてたり、連絡調整をしたりします。

 

施設ビス利用者施設入所希望した場合施設ビスが提供されます。施設ビスを提供する施設は「指定介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「指定介護療養型医療施設」の3種類大別されます。

また、上記の①~③のサビス以外

地域密着型ビス

 

というものがあります。これは、市区町村提供するサビスなので、その所在市区町村住民のみが利用可能となっています。認知症高齢者グルプホムなどが、これにあたります。

介護保険施設とは

介護保険施設種類特徴

介護保険ビスを利用して入居できる老人ムの種類として、「介護保険施設」とばれるものがあります。みなさんは「介護保険施設」といてどんな施設該当するのかかびますでしょうか?

介護保険ビスにしては、しい言葉混乱してしまいますが、「介護保険施設」は民間運営する老人ムにして、公的機関運営する公的介護施設えるとかりやすいかもしれません。

 

介護保険施設ばれる施設には、特別養護老人ム」「老人保健施設」「介護療養型医療施設があります。特別養護老人ムは、公的機関運営していることから費用く、待機者数いなどといった問題点もありますが、重介護にも対応してくれ、長期入居可能などとったメリットがあることから人気施設となっています。それぞれの介護保険施設特徴設置基準などを下記にまとめておきましょう。

かりやすくまとめれば、「特別養護老人ム」は要介護以上入居できる施設で、低料金長期間入所できる施設です。「介護老人保健施設」は在宅復帰目的とした施設で、医療ケアやリハビリなどがけられる重度介護必要高齢者向けの施設です。そして、「介護療養型医療施設」は介護保険施設よりも重介護高齢者受入れる傾向にあり、医療ケアが充実している特徴となっています。

 

介護保険施設ってどのくらいあるの?

 

特別養護老人ムや介護老人保健施設などの施設数高齢化徐々増加傾向にある一方で、療養病床大量施設若干減少傾向にあります。とはえ、特別養護老人ムは全国2013年時点7000施設定員49人万となっており、1施設あたりだいたい70定員としています。

 

介護保険施設数・定員数2013)>

数値的なデタから介護保険施設ていくと、2011年時点平均要介護度特別養護老人ムで「3.89」、介護老人保健施設で「3.31」、介護療養型医療施設では要介護5の入居者半数以上となり「4.41となっています。この数字は、2015年以降特別養護老人ムの入所要件要介護以上となることをけて多少変化られる可能性があるものの、介護療養型医療施設介護度高齢者受入れている傾向にあることがかります。

近年高齢化率上昇により、特別養護老人ムでは待機者数増加られ、2014には50万人以上待機者がいる試算されています。公的介護施設であるがゆえの、利用料さなどが人気要因となっていますが、特別養護老人ムへの入居希望されるは、入居までの期間くなる可能性があることをえて、計画的老人びをしていきたいところです。

介護保険施設と民間運営の介護施設の違い

民間施設べた介護保険施設のメリットデメリット

公的介護施設である介護保険施設して、民間による運営介護付有料老人ムやグルプホムなどの介護施設一体どちらがより老後ごすことができるのか…んでいるいかもしれません。

一般的に、介護保険施設ではその費用さがメリットとしてあげられますが、従来型施設はユニットケアではなく相部屋によるケアを採用しているなど、によっては理想介護ケアではない、とえるがいるのも事実

 

入居される高齢者にとって、選択をきちんと見極めていきましょう。下記に、民間運営介護施設介護保険施設のメリットデメリットをまとめてみました。

介護保険施設利用料金く、入居時における入居一時金不要であることがきなメリットであり、人気理由となっていますが、そのため人気入居難易度くなっています。一方で、介護付有料老人ムやグルプホムなどの民間介護施設選択肢く、入居者目線ったサビスや独自介護方針最新のケアがけられるところなどそのバリエションもかです。

居室環境をみても、従来型介護保険施設では相部屋基本となっていたことから、しく開設された介護保険施設以外施設ではまだまだ相部屋く、入居者のプライバシー保護人権観点からは充分えない現状があることも理解しておきましょう。

 

に、金銭的理由から特別養護老人ムなどの介護保険施設への人気まっていますが、最近では生活保護受給者でも入居できる民間介護施設や、入居一時金などの初期費用がかからない施設めています。「おがないから特別養護老人ム」というられずに、様々施設検討してみる価値もあります。