Photoshop講座

画像の配置や加工をするために必要な基礎知識を中心に、レタッチについて考えます。ホームページなどに必要な文字の加工もやってみます。印刷のためだけではなくデザインに必要な画像処理も学習して頂きます。


学習予定表

第1回  画像の取り込み

画像処理ソフト持つ可能性についてまず考えます。スキャナーの選び方からスキャニングの仕方までを学習して元データの重要性を認識していただきます。

 

第2回 画像のトリミング

画像処理を考える上で避けて通れないのが、切り抜きです。トリミングもその一つと考え、様々な切り抜き方法を学習していただきます。ペジェ曲線も必須です。

 

第3回 画像の編集-1

データ形式、画像の解像度について学習します。暗すぎる画像、明るすぎる画像、あるいは光量不足で色が本来と随分変わってしまっている画像を修正します。

 

第4回  画像の編集-2

レベル補正から、トーンカーブへ、単なる画像の修正だけではなく、オブジェクトの創造までを視野にいれて、画像の表現の意味を考えます。調整レイヤーも学習します。

 

第5回 画像の変形・描画-1

二つ以上の画像を使用して新たなオブジェクトの創造をします。まずその基本としてレイヤーパレットを十分理解していただきます。レイヤーマスクについても学習します。

 

第6回 画像の変形・描画-2

レイヤー合成とレイヤー効果についてじっくり学習していただきます。機能に振り回されることなく、表現に対する姿勢を常に崩さないようにデザインします。

 

第7回 画像の変形・描画-3

簡単な作品を作っていただきます。その作品を何に使用するかも考えていただきます。
印刷あるいはwebによるデータの違いも考えます

 

第8回 文字の加工

文字の扱いについて学習します。特にロゴについては、実際にいくつも作っていただきます。当然、今まで学習したことを反映させていただきます

 

第9回 画像の加工・特殊効果-1

画像に不要な、例えば電線を消したり、看板の文字を別の文字にしてみたりします。
別の背景に人物を配置することもしてみましょう。

 

第10回 画像の加工・特殊効果-2

アルファーチャンネルを理解することは、表現の幅を広げることに役立ちます。ちょっと難しいですが、しっかり理解していただきます

 

第11回 画像の加工・特殊効果-3

いよいよフィルターです。これを知ることでさらに表現の幅が広がることでしょう。実作を積み重ねることで、フィルターを学習していただきます

 

第12回 画像の加工・特殊効果-4

今まで学習したことをすべて使用して、オブジェクトの創造をしていただきます。偶然の結果を楽しむのではなく、緻密な構成のもとに創造を楽しむようにしてください。


体験講座学習ガイド

Photoshop体験学習ガイド.pdf
PDFファイル 3.2 MB